墓石の種類 インド

墓石の種類が豊富なインド産の石材は輸入量が安定していない?!

インド産の石材は硬度が高い種類が多いうえに色艶や色彩のバリエーションがとても豊富だという特徴を持っているのですが、安定性に乏しいため、インドからの輸入は量的には減っている傾向となっています。

 

インド産の石材は中国産の石材とは異なっており、使われている石種がある程度決まっているという特徴があります。。

 

主なインド産の石材をご紹介致します。

 

クンナム

最高級品の黒御影石で、硬度が最も高く、色目なども良いのが特徴となっており、中目から細目まで種類が十種類以上もあります。

ニューインペリアルレッド

世界中で一番赤いと言われている石材で、吸水率がとても低く硬度も高い。

PTR

クンナムと同じくらいの最高級御影石で、石目の細かな原石が減少してきているため、本物がとても手に入れにくい。通称は「パン」。

ヒマラヤングリーン

エメラルド系の緑色がかった石で、緑と黒の石の結晶の濃淡がハッキリしています。

アーバングレー

灰色系の中目石で透明感があり、硬度も高く吸水率が低いという特徴。

マルチカラーレッド

赤と黒が交じり合っている御影石で、主に洋型墓石として使われることが多い。

パラディソ

紫が基調となっている色合いの石材で、渦を巻いているような模様がポイント。

銀河

灰白色をしている白御影石で、硬度がとても高く変色もしない特徴があるため人気も非常に高い。

マハマブルー

青色と紫色が混ざり合った色合いで、独特の流れるような模様がある。

トロピカルグリーン

非常に幻想的なグリーンが、心惹かれる石材。

Y-1

インド産の石材を代表する中間の色合いである御影石で、とても硬度が高く色艶も非常に良いのが特徴。

墓石の総合情報

<スポンサードリンク>

墓石の種類が豊富なインド産の石材は輸入量が安定していない?!関連ページ

墓石の種類と値段は?
墓石には多様な種類があり、自身で選べることはあまり知られていないのが現状です。形も従来からある縦型の墓石はもちろん、横型になった墓石やデザイン墓石まであります。値段も石材の種類や形などによっても様々です。そんな墓石の種類や値段について紹介します。
国産墓石の種類って?
見た目には同じように見える墓石ですが、石材によって特徴がそれぞれあります。石材の産地によって色、品質、耐久性など多種多様で、一般的に風土に見合った石材が選ばれることが多いようです。そんな墓石の種類について、国産墓石を紹介します。
中国産墓石の種類は?
価格が安い中国産の墓石は、加工技術の向上とともに墓石はもちろん、外柵などの製品にも使われることが植えてきています。石材屋に対するアンケート結果でも中国産を取り扱う数は多く人気となっています。今回は中国産の墓石を紹介します。