墓石の文字入れ 値段 価格

墓石の文字入れに掛かる値段や彫刻の価格はどれくらい?

墓石の文字入れは、墓石のデザインの多様ニーズと共に大きく様変わりしてきているといえます。

 

歴史的には、墓石の文字入れが始まったのは平安時代からだと言われています。

 

平安時代以前には何も刻まれていませんでしたが、貴族階級の人たちの墓石に経文や梵字などが刻まれるようになり、今のように家名や戒名が入れられるようになったのは明治時代以降になってからだと言われています。

 

 

墓石の文字入れは、「○○家之墓」、「○○家累代之墓」、「○○家」、「○○家先祖代々菩提」といったように家名を入れたり、各宗派におけるお題目などを入れたりすることが一般的でしょう。

 

ちなみに天台宗、浄土宗、浄土真宗などは「南無阿弥陀仏」、日蓮宗は「南無妙法蓮華経」、真言宗では「南無大師遍照金剛」、禅宗だと「南無釈迦牟尼仏」となります。

 

 

ここ最近では、「」、「」、「」といった一文字を大きく入れたり、「やすらぎ」、「ありがとう」、「清心」、「やすらぎ」、「敬愛」、「御霊よ安らかに」などのように好きな言葉を自由に入れることも増えてきているようです。

 

さらには、故人が音楽好きだと楽譜だったり、書道をされていた方だと故人が書いた文字だったり、故人が書いた絵だったりして、文字ではない場合も増えてきたようです。

 

 

洋風墓石の増加に伴って、レリーフのような彫刻を入れたり、「Love and Pease Forever」と英語を入れたりして、かなり自由に文字入れを行うことが可能になってきたようです。

 

戒名や法名を刻む場合は、右横から左横へ、書体は草書、行書、楷書、隷書のいずれかを使うことが多く、墓石の正面部分については、文字に白、黒、金など色を入れる地域もあるようです。

 

 

一般的に墓石の後ろ側の文字については、「平成○年○月○日」もしくは「吉日」といれて、お墓を建てた人の名前を「○○○○建立」として刻むようにします。

 

このときお墓を建てた人が存命だった場合には、名前部分に朱色を入れるようにし、お亡くなりになった後に朱色を落とします。

 

 

新しくお墓を建てる場合の費用には、基本的な彫刻(家名・題字や題目・建立者名・建立日など)が、費用に含まれていることが一般的ですが、戒名(法名)の彫刻の場合は、別に彫刻費用がかかることがあります。

 

また、追加の彫刻費用については、3万円〜5万円前後の費用が一般的だと言われています。

墓石の総合情報

<スポンサードリンク>

墓石の文字入れに掛かる値段や彫刻の価格はどれくらい?関連ページ

墓石の値段の相場はどれくらい?
墓石の値段や相場は、石材の種類、墓石の加工費、石の使用量、施工費などの4つの要素で決まると言われています。この4つの要素をよく調べ、よく検討して納得のいく墓石選びをしなければなりません。そんな墓石の値段について紹介します。
国産墓石の値段は高いの?
お墓を建てる場合に掛かる費用のほとんどを占めているのが、墓石の値段です。墓石の値段は国内産ともなれば、かなりの高額になることもあります。もし国内産なのに安い金額であれば、きちんと確認した方がいいでしょう。今回は国産墓石の値段について紹介します。
墓石の文字は一文字あたりで計算される?
一般的に墓石に刻む文字の書体は、楷書体が使われることが多いようです。また、代々の墓には、建立者名と建立年月日を裏側に彫刻することがよく見受けられます。ただ彫刻の費用は一文字単位で計算されるので、戒名や名前のみで済ませていることも少なくないようです。
墓石の文字を塗り直ししたい!
墓石に文字を入れる際には、金色や銀色、あるいは白色などの色を付けることができますが、外に建っているため、雨風や日光にさらされることによって、塗料がはげてきます。今回は塗料の塗り直しについて紹介します。