墓石の文字 名前

墓石の文字を刻む価格は名前一文字あたりで計算されることもある!

墓石の文字の書体には、楷書体、行書体、草書体、隷書体などがあり、一般的には楷書体が使われることが多いようです。

 

また和型墓石であれば「○○家之墓」、洋型墓石であれば「○○家」と家名を刻む場合が一般的なようです。

 

 

建立者名を刻む位置は、特別に規定されているものはありませんが、代々墓の場合には、建立者名と建立年月を棹石の裏側の面に彫刻することが多数見受けられます。

 

また、建立者として彫刻されるのは、故人の配偶者か後継ぎのどちらか一方か、もしくは両方の連名で刻まれることが多いですが、最近では「費用を負担した人」ということで、家族全員の連名や「故人のお金で建立したので」という理由で、故人の名前にすることも増えてきています。

 

なお、墓石に彫刻する建立者名と墓地の名義人とを必ずしも一致させなくなても構いません

 

 

仏式の場合では、最近のケースで多いパターンは「戒名」、「命日」、「俗名」、「行年(享年)」の4点を彫刻するのが一般的です。

 

神式の場合では 正式には生前の名前に「おくりな」をつける必要があるようですが、名前そのままの場合も多く、その他没年月日・年齢を刻みます。

 

キリスト教の場合では、名前+ホーリーネーム、誕生日+没年月日、年齢の3つを刻むことが一般的なようです。

 

 

以前は彫刻の価格が、一文字単位で計算されていたため、戒名のみや名前のみで済ませている場合も少なくありません。

 

ちなみに埋葬者として納骨されている方のみが彫刻されるわけではなく、お骨がなかったとしても彫刻することは一向に構わないようです。

 

 

和型墓石の代々墓の場合には、埋葬者名を墓石の左右側面に刻むことが多く、ほとんどのケースで片面4人分、両面合わせて8人分の名前を刻むことが一般的なようですが、戒名や名前のみのケースでは上下で片面8人、両面で16人などという場合もあります。

 

また刻む順は、和型墓石では、正面に向かって右が上座となっているので、古い順に右面の右端から彫刻されます。

 

その際、夫・妻、夫・妻と夫婦単位で順に彫刻することが多いようです。

墓石の総合情報

<スポンサードリンク>

墓石の文字を刻む価格は名前一文字あたりで計算されることもある!関連ページ

墓石の値段の相場はどれくらい?
墓石の値段や相場は、石材の種類、墓石の加工費、石の使用量、施工費などの4つの要素で決まると言われています。この4つの要素をよく調べ、よく検討して納得のいく墓石選びをしなければなりません。そんな墓石の値段について紹介します。
国産墓石の値段は高いの?
お墓を建てる場合に掛かる費用のほとんどを占めているのが、墓石の値段です。墓石の値段は国内産ともなれば、かなりの高額になることもあります。もし国内産なのに安い金額であれば、きちんと確認した方がいいでしょう。今回は国産墓石の値段について紹介します。
墓石の文字入れに掛かる費用は?
墓石の文字入れは家名を入れたり、各宗派のお題目などを入れたりすることが一般的ですが、最近では好きな言葉を自由に入れることも増えてきています。今回は墓石の文字入れや文字入れの価格などについて紹介します。
墓石の文字を塗り直ししたい!
墓石に文字を入れる際には、金色や銀色、あるいは白色などの色を付けることができますが、外に建っているため、雨風や日光にさらされることによって、塗料がはげてきます。今回は塗料の塗り直しについて紹介します。