洋風墓石のデザイン

洋風墓石のデザインはさまざま・・・メッセージを彫刻する墓石も!

洋風墓石は、宗教を問わないという霊園が出てきたことによって普及し始め、今では多数の洋風墓石を見かけるようになりました。

 

自分の好きなレリーフを施したり、好きな言葉や文字を彫刻したりすることが増えきたため、それに見合っていることも洋型墓石の特徴であるといえます。

 

洋風のお墓を建てる方のほとんどは、最後に自分が生きてきた証としてお墓を自分らしくしようと思っているからなのではないでしょうか。

 

 

洋風墓石は、公園墓地や洋風墓地などにお墓を建てようと考えている方にとても人気があり、最近では、芝生に墓石を直に置くような芝生墓地も人気となってきています。

 

石材店で作る団体が、新たに販売されている墓石を調査した結果、昔ながらの和風の墓石が約41%、洋風の墓石や彫刻が施されているデザイン墓石と呼ばれる墓石が、合計で約53%となり、和風の墓石を上回ってきたそうです。

 

和風から洋風へと変化してきた背景には、お墓への思いや考え方が変わってきたからだと言われています。

 

以前のように墓は家代々のものであるという考え方から、家代々にはこだわらないという考え方が、着実に広がっていると思います。

 

社会情勢の変化、家族観の変化により、墓石のあり方にも変化が出てきていると言われています。

 

 

基本的に墓石の形や大きさに規制はありませんが、自由に形やデザインをを決めることができます。

 

また最近の墓石は、本、ゴルフボール、愛した花や本、ピアノ、将棋盤の形などのように生前の趣味や思いなどを具体的な形にしたなどの個性を演出したオリジナルデザインの墓石も増えてきています。

 

ただ公園墓地や霊園によっては、洋風墓石で統一する墓地や霊園も増えてきたので、事前の確認が必要です。

 

とはいっても、お墓を建てる場所や宗教上の規制などでによっては、自分の思い通りのお墓を建てることができない場合もありますので、そういった規制がある場合は、ルールを守った上で、みんなが行きたくなるようなお墓を建てることが大切でしょう。

墓石の総合情報

<スポンサードリンク>

洋風墓石のデザインはさまざま・・・メッセージを彫刻する墓石も!関連ページ

墓石の寸法で一家の命運が決まる?!
墓石の大きさのことを墓石の寸法といい、和型の墓石はほぼ決まった寸法があります。また、墓石の大きさは大きすぎても小さすぎても良くなく、標準的な寸法が良いようです。そんな墓石の寸法について紹介します。
墓石彫刻は花が人気!
最近では墓石に彫刻をすることが流行しているようです。とくに多いのが花の彫刻で、故人が好きだった花や遺族の思いを込めて、桜、ユリ、バラなどの彫刻を希望されることが増えてきています。今回は花の墓石彫刻について紹介します。
桜の彫刻は人気がある?!
最近では故人や家族の意向などを表した個性的なデザインの墓石をよく見かけるようになり、花が彫刻されたデザインが多いようです。なかでも桜の花は、故人とのつながりを思い出させてくれるとあって人気のようです。そんな桜の墓石デザインについて紹介します!
花言葉から選ぶ人が増えている?!
洋風の墓石が普及してきていますが、最近では故人の趣味や思いを形にしたデザイン彫刻やレリーフ彫刻をした墓石をよく見かけます。なかでも花の彫刻は人気が高く、花言葉から故人をイメージしたデザインが多いようです。今回は花の墓石デザインについて紹介します。
墓石クリーニングの仕方を説明します!
墓石に使用されている石材は、高い硬度、低い吸水率で耐久性に優れていますが、外で雨風や日光にさらされているので、汚れなども付着してくるのは当然です。今回は墓石のクリーニングの仕方を説明します!
クリーニング価格は作業方法で様々です!
墓石のクリーニングは、その手段によって費用が大きく変わってきます。例えば、お墓を動かすのか動かさないのかなどでは、作業に掛かる日数も変わってきます。今回は墓石クリーニングの価格について紹介します!
墓石の移動費用には条件があるの?
田舎の過疎化が進む現代、先祖代々のお墓を今の住居近くへ移動したいと考えてる人が増えていると言われています。移動するためには、各種手続、届出、証明書の発行などが必要となるので、霊園やお寺などときちんと打ち合わせる必要があります。そんな墓石の移動について紹介します。
墓石の撤去費用は相見積りが必要!
様々な事情が重なって墓石を撤去せざるを得なくなることもあります。墓石の撤去費用は、お墓の解体撤去作業費と石材処分費が必要となり、お墓の場所などにより金額が変わってきますので、事前に業者を選定しておくことが大切です。今回は墓石の撤去費用について紹介します。