墓石クリーニングの仕方

墓石クリーニングの仕方を順を追って説明します!

建てたばかりのお墓は、ピカピカで光沢がありますよね?

 

また墓石に使用されている石材は、低い吸水率、高い硬度で耐久性にすぐれています。

 

しかしながら、どんなに頑丈な石材でも、年がら年中ずっと風雨や直射日光にさらされているので、いずれ劣化し汚れも付着していきます。

 

お墓参りをするたびに、きちんとお手入れをしていれば石材の劣化を抑えることができるのです。

 

では、お墓のクリーニング方法についてご紹介いたします。

 

敷地内の清掃

敷地内を清掃することからスタートします。
落ち葉を集め、敷地の雑草を除去します。
植木がある場合は枝の剪定し、砂利が汚れているときは、ザルで水洗いします。

 

墓石を水洗い

汚れがあまりなければ、スポンジに水をふくませて洗います。
わざと苔を残したままにしている墓石もありますが、苔は除去したほうが石材は長持ちします。

 

洗剤をつけて洗う

石材を洗うための専用洗剤をつけて洗います。
すぐに洗わないで、一度目立たないところで試してから、洗い始めてください。
また、タワシは墓石を傷つけますので、使わない方が良いでしょう。

 

文字彫刻の部分を洗う

文字彫刻のような細かい部分を洗うには、歯ブラシを使って磨くととても便利です。

 

ステンレスの小物を洗う

花筒や線香皿などのステンレスの小物は、取り出してから中を丁寧に洗います。

 

水を拭き取る

濡れている墓石の水を乾いた柔らかいタオルで拭き取ります。

 

最後に、墓石をクリーニングする場合の注意点ですが、

A.墓石が欠けていたりヒビが入っている場合には、特に丁寧で慎重に扱います。
  そして業者に頼んで補修することが必要です。
B.お供えしたものはそのまま放置せずに必ず持って帰る必要があります。
C.墓石に特殊コーティングが施されている場合は、コーティングを頼んだ業者に依頼するか
  お手入れの方法を確認してください。

墓石の総合情報

<スポンサードリンク>

墓石クリーニングの仕方を順を追って説明します!関連ページ

墓石の寸法で一家の命運が決まる?!
墓石の大きさのことを墓石の寸法といい、和型の墓石はほぼ決まった寸法があります。また、墓石の大きさは大きすぎても小さすぎても良くなく、標準的な寸法が良いようです。そんな墓石の寸法について紹介します。
墓石彫刻は花が人気!
最近では墓石に彫刻をすることが流行しているようです。とくに多いのが花の彫刻で、故人が好きだった花や遺族の思いを込めて、桜、ユリ、バラなどの彫刻を希望されることが増えてきています。今回は花の墓石彫刻について紹介します。
洋風墓石のデザインはさまざま・・・!
最近では洋風の墓石をよく見かけるようになってきました。増えてきた理由としては、宗教を問わないという霊園が出てきたことやお墓を自分らしくしたいとレリーフを施したりする人が増えてきたからだと言われています。今回は洋風墓石のデザインについて解説します。
桜の彫刻は人気がある?!
最近では故人や家族の意向などを表した個性的なデザインの墓石をよく見かけるようになり、花が彫刻されたデザインが多いようです。なかでも桜の花は、故人とのつながりを思い出させてくれるとあって人気のようです。そんな桜の墓石デザインについて紹介します!
花言葉から選ぶ人が増えている?!
洋風の墓石が普及してきていますが、最近では故人の趣味や思いを形にしたデザイン彫刻やレリーフ彫刻をした墓石をよく見かけます。なかでも花の彫刻は人気が高く、花言葉から故人をイメージしたデザインが多いようです。今回は花の墓石デザインについて紹介します。
クリーニング価格は作業方法で様々です!
墓石のクリーニングは、その手段によって費用が大きく変わってきます。例えば、お墓を動かすのか動かさないのかなどでは、作業に掛かる日数も変わってきます。今回は墓石クリーニングの価格について紹介します!
墓石の移動費用には条件があるの?
田舎の過疎化が進む現代、先祖代々のお墓を今の住居近くへ移動したいと考えてる人が増えていると言われています。移動するためには、各種手続、届出、証明書の発行などが必要となるので、霊園やお寺などときちんと打ち合わせる必要があります。そんな墓石の移動について紹介します。
墓石の撤去費用は相見積りが必要!
様々な事情が重なって墓石を撤去せざるを得なくなることもあります。墓石の撤去費用は、お墓の解体撤去作業費と石材処分費が必要となり、お墓の場所などにより金額が変わってきますので、事前に業者を選定しておくことが大切です。今回は墓石の撤去費用について紹介します。