墓石の撤去費用

墓石の撤去費用は相見積りが必要です!業者選定は慎重に・・・

管理をしているお墓が2つあるので、この2つあるお墓をひとつにしたい、今住んでいる近くにお墓を新たに建てることになり、管理することが不便だった遠方のお墓をなくしたい、お墓を納骨堂や永代供養墓に変えるのでお墓が必要なくなった、などといったケースで墓石の撤去をしなければならなくなったという話はよくあります。

 

墓石の撤去に関する流れは、まず役所にて手続きをし、僧侶に閉眼供養いわゆる魂抜きを依頼し、業者などによる墓石の撤去作業を実施してから、更地にして役所へ返還となります。

 

 

それでは、墓石の撤去費用の相場とは、一体どれくらいなのでしょうか?

 

お墓を撤去処分するために掛かる費用の内訳は、お墓の解体撤去作業費石材の処分費となります。

 

ですから、墓石の撤去費用というのは、お墓の広さ、使用されている石材の量、解体撤去作業がやりやすいかどうかの環境などによって大きく変わってきます。

 

例えば、お墓の基礎にあたる部分がコンクリートのベタ基礎となっていると、砕いたりするには相当な重労働となってしまうため、このような場合は金額が当然上昇してきます。

 

お墓の解体撤去作業には、墓石に使われていた石材はもちろんのことですが、コンクリートガラ、ブロック、レンガ、土等の産業廃棄物と呼ばれているものが多量に出てきますので、
その廃棄物の処理費用や工事の車両が進入できないような場所であれば、すべての作業が人力になってしまうのでその分金額は高くなってしまいます。

 

 

つまり・・・解体撤去作業の難易度、作業に使う工事車両や道具、作業に関わる人区数によって、費用が全く違ってくるということになります。

 

あくまでも目安となりますが、1平方メートルあたり約5〜10万円前後という金額が一般的だと言われています。

 

残念ながら、日本に墓石撤去規格費用の基準となるものは存在しておらず、墓石の解体撤去費用は業者の言い値で費用が決まるので、価格を調べて業者を選定しておくと良いでしょう

墓石の総合情報

<スポンサードリンク>

墓石の撤去費用は相見積りが必要です!業者選定は慎重に・・・関連ページ

墓石の寸法で一家の命運が決まる?!
墓石の大きさのことを墓石の寸法といい、和型の墓石はほぼ決まった寸法があります。また、墓石の大きさは大きすぎても小さすぎても良くなく、標準的な寸法が良いようです。そんな墓石の寸法について紹介します。
墓石彫刻は花が人気!
最近では墓石に彫刻をすることが流行しているようです。とくに多いのが花の彫刻で、故人が好きだった花や遺族の思いを込めて、桜、ユリ、バラなどの彫刻を希望されることが増えてきています。今回は花の墓石彫刻について紹介します。
洋風墓石のデザインはさまざま・・・!
最近では洋風の墓石をよく見かけるようになってきました。増えてきた理由としては、宗教を問わないという霊園が出てきたことやお墓を自分らしくしたいとレリーフを施したりする人が増えてきたからだと言われています。今回は洋風墓石のデザインについて解説します。
桜の彫刻は人気がある?!
最近では故人や家族の意向などを表した個性的なデザインの墓石をよく見かけるようになり、花が彫刻されたデザインが多いようです。なかでも桜の花は、故人とのつながりを思い出させてくれるとあって人気のようです。そんな桜の墓石デザインについて紹介します!
花言葉から選ぶ人が増えている?!
洋風の墓石が普及してきていますが、最近では故人の趣味や思いを形にしたデザイン彫刻やレリーフ彫刻をした墓石をよく見かけます。なかでも花の彫刻は人気が高く、花言葉から故人をイメージしたデザインが多いようです。今回は花の墓石デザインについて紹介します。
墓石クリーニングの仕方を説明します!
墓石に使用されている石材は、高い硬度、低い吸水率で耐久性に優れていますが、外で雨風や日光にさらされているので、汚れなども付着してくるのは当然です。今回は墓石のクリーニングの仕方を説明します!
クリーニング価格は作業方法で様々です!
墓石のクリーニングは、その手段によって費用が大きく変わってきます。例えば、お墓を動かすのか動かさないのかなどでは、作業に掛かる日数も変わってきます。今回は墓石クリーニングの価格について紹介します!
墓石の移動費用には条件があるの?
田舎の過疎化が進む現代、先祖代々のお墓を今の住居近くへ移動したいと考えてる人が増えていると言われています。移動するためには、各種手続、届出、証明書の発行などが必要となるので、霊園やお寺などときちんと打ち合わせる必要があります。そんな墓石の移動について紹介します。